比較や

カード、SIM、スマホ、ルテインサプリ、複合機、IPO、保険、ポイント還元、無料、お試しサービスを徹底的に比較しました

XK110インクの激安は純正・互換・詰め替え・リサイクルどれ【2023年】

キャノンからPIXUSシリーズ2022年新製品XK110が発売されました消耗品はインクですが純正以外にも互換、詰め替え、リサイクルインクの非純正があるので比較しました

XKI-N21+N20純正 互換インク 詰め替えインク
価格が高い 価格が安い 価格が安い

高品質

品質は純正に劣る 品質は純正に劣る
カートリッジ装着 カートリッジ装着

液をカートリッジへ

使用優先度が高い 自己責任 自己責任
3,000円(5個パック) 3,090円(5個パック) 2,200円(各色60ml)

※記載価格は変わる可能性もあるのでご了承下さい

詰め替えインクは例えば空カートリッジに液を自分で挿入する必要がありますが面倒な部分もありますが自分でコントロール出来たり液体は多いので一番お得な可能性あり

 

 

価格の安さだけでいうと詰め替えインクが一番追求できそうです

しかし純正以外のインクは非純正ですので対メーカーになります

最近も裁判が頻繁に起こっています

 

ということで自己責任リスク管理が必要です

 

 

XK110ですが消耗品は5色で2種のブラック・シアン・マゼンダ・イエローで構成されています染料インクですがお得な5個パックがありますがブラック2種があるのはキャノンならではの方式で染料インクと顔料の2種でいいとこどりをするためです

 

XK110は新機種ですがインクのXKI-N21+N20は過去のものを採用

だから互換、詰め替え、リサイクルが揃っているとも言えます

 

リスク管理を含めXK110インクを詳しく解説します

 

 

XK110インク純正

Canon プリンター A4インクジェット複合機キヤノン インクジェット複合機 XK110 2022年モデル

>>> XKI-N21+N20/5個パック純正

>>> XKI-N20PGBK 顔料ブラック

>>> XKI-N21BK 染料ブラック

>>> XKI-N21Cシアン

>>> XKI-N21Mマゼンダ

>>> XKI-N21Yイエロー 

 

 

XK110インクも純正が基本だと思います

ただ高品質だけど高価であるのは間違いありません

 

メーカーからの立場でいうと純正の消耗品は利益の源です

 

インクジェット複合機のメーカーは上場している企業が多いと思いますが赤字は出せないし株主、配当多くの社員の給料など安定した利益が必要です

 


なので純正インクが高価なのは外せないものとなっています

そしてメーカーの販売網や裾野は意外と広いのです

f:id:nenink:20201009145932p:plain

 

このような事からインクの販売価格は確立しています

だから高い設定にならざるを得ない


この純正インクに対抗として詰め替えや互換、リサイクルインクというものがあります

ただメーカーとは対であることは忘れてはいけません

 

 

XK110インク互換

互換インクはメーカーとは対の業者が汎用の商品を販売します

当然純正ではないので海賊版と呼ばれることも

 

純正品とおなじように使えます

互換インクのメリットは価格です

 

XK110インク互換こちら>>

純正インクの半値以下になります

 

 

ただ互換インクにはデメリットが多いので要注意です

  • 純正品ほど高品質ではありません
  • メーカーと対なので故障時など修理で互換インクのせいにならないとは限らない
  • 互換業者は小企業が多い
  • 例えば初期不良で業者が対応してくれても手続きや交換作業で業務が遅れたり面倒な作業が増える

 

 

XK110インク詰め替え

f:id:nenink:20210801210959j:plain

詰め替えインクは非純正インクの中でも一番激安価格の可能性があります

ただ詰め替えもデメリットがあります

先の互換とダブるところも多いですが詰め替えインクの特有デメリットは

 

 

自分で液をカートリッジを挿入しないといけませんなので

手が汚れる可能性があったり地面を汚さない段取りも必要です

新聞を敷いたりプラスティックのような中で詰め替え作業を行うなど

 

 

EP715Aで詰め替えと互換インクはどっちがいいのか

どちらもメーカーとは対です

面倒なのが嫌なら互換インクを液を自由に好きなタイミングや量をしたりなら詰め替え

 

 

XK110リサイクルインク

f:id:nenink:20201009151829p:plain

リサイクルインクとは

メーカーとは対の業者が純正のインクカートリッジの使用済みの空を集めて(量販店や施設で空を集める箱を見たことあると思います)海外に持っていて洗浄クリーニングや破損の選別をしますそして液を挿入に日本でリサイクルとして販売しています

 

エコリカという業者が有名です

 

リサイクルのメリットは価格ですが純正よりは安いですが互換や詰め替えほど安くありません理由は海外輸送、人件費など経費がかかりますなのでインクの値付けが中途半端になります

 

 

価格を追求でいうなら互換や詰め替えになります

 

リサイクルインクのデメリットは思ったほど価格が安くない事と機種が限られてくることです機種を絞らないと利益が出にくいので互換や詰め替えに比べて使用できる機種が少ない 

 

エコリカはじめXK110インクのリサイクルを探しましたが残念ながら見つけれない結果となりました

 

 

最近エコリカという業者はキャノンを提訴しています

インクカートリッジのチップをメーカーが触れなくしたことによってエコリカが商売出来ないという内容です

メーカーも利益確保に必死ですがエコリカのような小さな手間のかかる商品を販売するところはもっと必死です

 

XK110インクのまとめ

XK110は新商品ですがインクは過去のものをキャノンは採用しました

そのおかげもあって互換や詰め替え、リサイクルインクまで揃っています

わたしたちは選択肢は多い

 

メーカーは純正で互換や詰め替えは対なのでエコリカのように裁判で争った過去があります


純正以外の使用は自己責任となります

 

だから純正以外の互換を詰め替えを使うなら1円でも安い業者ではなく

大手の会社や小さいくでも社長の顔が見えるようなところがいいのではないでしょうか


インクには染料と顔料があります

 

染料インクは表面に染み込ませるイメージ

顔料インクは用紙の表面に付着します

 

だから染料インクは光沢紙への印刷刷る場合に用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能です。

コピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍ができます


では顔料インクは

インクが用紙に染み込みにくいわけですだからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります

 

他にも顔料インクはオゾンや光の分解がされにくいので変色しにくい耐久性や水濡れでも滲みにくい特性だといえます

 

 

メーカーのカタログや取説を見てると純正インクを使用することによって最大限の色域を出せることが記載されています
他にも純正を使わないで印字すると機械のトラブルの原因というような記載もあります

 

メーカーも非純正インクにおいてかなり悩まされているのが伺えます

 

XK110インクでも純正を激安価格にするのはハードルが高いです

 

純正インクを激安にするというか少しでも安くするならメーカーと直で交渉するようなパワープレーが必要かもしれませんがそれも成立するかはわかりません

 

純正インク以外を使うにはリスク管理は必要

 

純正インクではなく互換品が裁判で勝つ

f:id:nenink:20211031124628j:plain

2021年9月30日裁判の判決が東京地裁であった

 

インクジェットプリンターの設計を変えて純正品のインクしか使えないようにしたと

互換品カートリッジを販売するエレコムなどがブラザー工業を相手取り

設計変更の差し止めと約1,500万円の賠償を求めた訴訟

 

 

裁判長は設計変更が独占禁止法違反(不公平な取引方法)にあたると認めた

約150万円の賠償をブラザーに命じたというもの

 

 

この裁判の内容ですが

ブラザーは2018年12月以降製造販売したプリンターについて

インクの読み取り機能の設計を変更し互換品を認識しないようにした

 

プリンター製造のメーカーはプリンターや複合機の本体を抑え

利益率の高い純正品インクを継続購入してもらうことで収益を上げていると指摘

 

互換品が売れれば売れるほどメーカーの経済的打撃が大きくなると説明

そのうえでブラザーの設計変更の目的は互換品の販売を困難にするためとし

消費者が純正品を購入せざるを得ない状況になった事を認めた

 

このため設計変更は正当性はなく市場での公正な競争を阻害する恐れがある

不当な抱き合わせ販売だと判断

 

また設計変更で使えなくなった互換インクをエレコムが破棄しなければならなかった

事情などふまえブラザーに賠償責任があると認めた

 

 

ブラザーにしては厳しい判決になりましたね

この手の裁判はメーカー有利な判決多いんですが消費者にとっては

互換はじめ選択肢が多いのは歓迎です

 

純正インクは高すぎるのはある

だから互換や詰め替えインクに流れる事が以前より増しているハズ

純正インクと詰め替えだったら感覚だけど1/5ほどになりそう

 

今回独占禁止法だけど特許侵害というような方法でメーカーも対抗するかもしれない

なんといってもインクという消耗品はメーカーの根幹ですからね

我々消費者はこれからも動向を見守る必要ありそうです。

 

非純正インク業者も純正と比べて本体の耐久性は同じなのか証明してほしいものです

メーカーはこの耐久性を逆手にとってもし非純正インクを使う事によって本体のヘッドなどの耐久が落ちるならここをPRして巻き返すのもあるかもしれません